プロペシア(propecia)1mg

propecia

プロペシアは有効成分を「フィナステリド」とするAGA治療薬です。

AGA症状に最も効果的な医薬品として、現在世界60か国以上で処方されている医薬品です。

具体的なプロペシアの効果として、国内の臨床試験ではプロペシア1mgの1年間投与により58%、2年間で68%、3年間で78%の改善効果が認められています。
改善効果及び維持効果を合算すると、プロペシア1mgは98%以上の方に効果のあるデータがあります。

プロペシアの有効成分「フィナステリド」が、AGAの原因物質DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制し、細くなった髪の毛にコシが出てきたり、毛髪の成長が促され、AGA改善の効果が期待されます。

プロペシア(フィナステリド)の服用方法

プロペシア(フィナステリド)錠の服用方法は、1日1回1錠(1mg)が基本です。
この服用時間は、できるだけ毎日同じ時間にすると、より効果が発揮されるといわれています。

プロペシア(フィナステリド)錠のAGA症状改善効果には時間がかかります。
一般的に、効果発現までは3ヶ月~6ヶ月程度かかる、といわれています。また、服用を中止すると、またAGA症状は進行してしまうため、服用を継続する必要があります。

プロペシア(フィナステリド)錠服用後すぐは、初期脱毛や、体毛増加などの副作用がみられる場合もありますが、これらは効果発現の合図と捉え、根気強い継続治療を行いましょう。

プロペシア(フィナステリド)の副作用・注意点

7916975c58ade268839f3ced9ff0f91b_s

プロペシア(フィナステリド)の副作用として、性欲の減退や勃起不全などが報告されていますが、比較的こういった副作用が発症する可能性は少ないとされています。
ただし、まれに、全身倦怠感などの肝機能障害の症状があらわれる可能性があります。 こういった症状があらわれた場合は、ただちに使用を中止し、必ず医師に相談してください。
また、プロペシア(フィナステリド)は肝臓で代謝される薬です。

重篤な副作用として、服用中に肝機能異常がみられた報告があります。 肝機能障害のある方は、プロペシアを服用する前に、医師に相談しましょう。

男性胎児妊娠の可能性のある妊婦や、授乳中の女性、がプロペシア(フィナステリド)を服用すると、男性胎児の性器形成に影響を及ぼす可能性があります。
プロペシアの有効成分フィナステリドは、皮膚からも吸収されてしまうため、妊婦や、授乳中の女性、妊娠可能性のある女性が薬剤に触れることも危険とされています。
フィナステリド成分は、錠剤であれば包まれており、直接触れることはありませんが、錠剤が溶けたり、割れてしまった場合は大変危険です。必ず注意しましょう。

これらの理由により、妊婦や、授乳中の女性、妊娠の可能性のある女性に危険が及ばないよう、プロペシア(フィナステリド)服用中は献血も行ってはいけません。 献血を行う際には、プロペシア(フィナステリド)の服用を中止し、1か月以上経てば可能です。

プロペシア(フィナステリド)のまとめ

プロペシア(フィナステリド)錠は、AGA症状に大変有効なお薬です。
しかし、効果があらわれたからといって、服用を中止してしまうと、AGA症状はまた進行してしまいます。

プロペシア(フィナステリド)錠による治療は、根気強い継続治療が必要であると言えます。

しかしプロペシア(フィナステリド)は、薬価基準未収載薬のため健康保険の対象とはなりません。 そのため、国内医療機関で購入する場合は、保険証不要で、保険対象外での購入となります。
そこでおすすめしたいのが、プロペシアのジェネリック医薬品です。

プロペシアのジェネリック医薬品は、個人輸入を利用すれば、プロペシアの半分~1/3程度の値段で購入することができます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ