フィンサバ(finsava)1mg

finsava

フィンサバは、AGA治療薬プロペシアのジェネリック医薬品です。

フィンサバは主成分をフィナステリドとしています。
このフィナステリド成分が、AGA症状の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)のはたらきを阻害し、症状を緩和・改善させてくれます。

フィンサバはプロペシアのジェネリック医薬品であるため、1/2~1/3程度の値段で購入することができるのが特徴です。

AGA治療は、根気強い継続治療が必要であるため、フィンサバのように安価なジェネリック医薬品をおすすめしています。

フィンサバの服用方法

フィンサバは、1日1回1mgを、水かぬるま湯で服用します。
この際、毎日服用する時間を決め、できるだけ同じ時間に服用することで、さらにAGA症状への効果を得やすいとされています。

成人の発毛・育毛に際しては1日1mgを上限としてください。 量を服やしても効果が高くなるということはありません。
治療を継続することが何よりも効果を実感できる方法です。最低6か月以上治療を続けましょう。

もし服用を忘れてしまった場合でもまとめて2錠服用するなどの過剰摂取は絶対に行わないでください。
服用予定の数時間以内であれば、服用しても構いませんが、服用予定時間12時間異常経過していた場合は、フィンサバ服用は1度見送り、次の服用まで待ちましょう。

フィンサバの副作用・注意点

82d2d9239503830c804ca1125689f18d_s

フィンサバの副作用は比較的少ないと言われていますが、体調・体質により、性欲減退、肝機能障害、食欲不振の症状があらわれることがあります。
気になる症状や、異常を感じた場合は、医師の診断を受けましょう。

フィンサバは、AGA症状(男性型脱毛症)にのみ効果を発揮する医薬品です。
女性の薄毛や、円形脱毛症、抗がん剤などの服用による脱毛の場合、服用しても効果はありません。

さらに、フィンサバの有効成分フィナステリドは男性胎児の性器形成に影響を及ぼすことがわかっています。
妊婦や、妊娠の可能性のある女性の場合、服用はもちろん、成分に触れることさえ禁忌です。
女性本人ではなくとも、服用する男性の身のまわりに妊婦や、妊娠の可能性のある女性がいる場合細心の注意を払いましょう。 同様の理由により、妊婦や妊娠可能性のある女性へ輸血がまわってはいけないため、フィンサバ服用中の献血も行ってはいけません。

フィンサバのまとめ

フィンサバは、安価に購入することができるプロペシアのジェネリック医薬品です。

継続治療が必要であるAGA治療には、フィンサバのようなジェネリック医薬品を、当サイトではおすすめしています。

AGA治療を、ぜひフィンサバで始めてみませんか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ