ツゲイン(tugain)2%/5%60ml

tugain

ツゲインは、アメリカのジョンソン&ジョンソン社製の、「ロゲイン」のジェネリック薬品です。

ミノキシジルを有効成分とした、塗布タイプの外用薬です。

有効成分ミノキシジルが、頭皮の毛細血管を拡張し、血流を良くしてくれます。
ミノキシジルのこの血流促進効果により、毛髪へ栄養が行き渡り、育毛・初効果を発揮してくれます。
特に効果を発揮してくれるのは、頭頂部であると言われています。

プロペシア(フィナステリド)とは違い、ミノキシジル成分のツゲインは、女性も使うことができるのも特徴です。

ツゲインの使用方法

bsHOTEL86_daiyokujyou20150125014514

ツゲインは、1日2回、乾いた状態の頭皮に直接塗ります。
清潔な状態で塗布したほうが吸収がスムーズであるため、夜の洗髪後、しっかり髪を頭皮を乾かしたあとに塗布することをおすすめします。
朝1回と、夜1回ずつの塗布は、12時間程度間隔をあけるとより効果的です。

ツゲイン塗布後はできるだけ薬剤を自然乾燥させてください。ドライヤー等を利用して乾かすのはおすすめしません。最小限の使用に控えましょう。

薬剤がしっかりと乾いたあとであれば、整髪剤を使っても構いません。

毛染め、ヘアカラー、パーマ薬剤を使用する場合は、必ずツゲインを洗い流してからにしてください。
また、毛染め、ヘアカラー、パーマ薬剤を使用したあとは、必ず24時間以上間隔をあけましょう。

ミノキシジル成分は、初期脱毛といって、使用後2ヶ月ほどは脱毛症状があります。
しかしこれは新しい毛髪を生やすための準備期間であるため、この期間も継続使用してください。

ツゲインの副作用・注意点

頭皮部分に発赤、炎症、充血、発診、化膿、かゆみ、かぶれ、痛みなどがある場合は、ツゲインを使用しないでください。

ツゲインは塗布タイプの薬剤であるため、経口タイプのミノキシジルよりも、副作用は少ないとされています。
しかし、稀に起こるツゲインの副作用として、脈拍の増加、息切れ、心悸抗進、倦怠感、視力低下、ひどい消化不良、理由不明の体重の急増、手足や顔のむくみ、手足や胸の痛み、めまい、頭皮の炎症、かぶれ、かゆみなどの症状が報告されています。

女性がツゲインを使用する場合、妊娠中や、授乳中は、使用を控えてください。
また、18歳以下の未成年も、安全が確立されていないため、使用できません。

ツゲインを使用し、異常が感じられた場合は、必ず医師の診断を受けましょう。

ツゲインのまとめ

ツゲインは、副作用の少ない塗布タイプの医薬品で、男女問わず使用することができます。

ロゲインのジェネリック医薬品であるため、ツゲインは安価に購入することができるのも特徴です。

個人輸入サイトであれば、気軽に気軽にツゲインを購入することができます。
ツゲインで、AGA治療を始めてみませんか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ