ロニタブ(lonitab)5mg/10mg

lonitab

ロニタブは、インタスファーマ社がつくるAGA治療薬「ミノタブ」のジェネリック医薬品です。
ミノキシジルを有効成分とする経口タイプの医薬品です。

有効成分ミノキシジルが、血管を拡張し、頭皮の血流が良くなることによって、毛髪へ栄養を送りやすくします。
この血管拡張作用により、ロニタブは発毛・育毛効果を発揮してくれます。

ロニタブは、経口タイプのミノキシジルであるため、塗布タイプの外用ミノキシジルよりも発毛・育毛効果が強力である、と言われています。

ミノキシジル外用薬や、プロペシアをはじめとするフィナステリド成分錠と違い、AGA治療薬が効果を発揮しにくい「毛髪の生え際」にも効果を発揮してくれるのが、ロニタブの特徴です。

ロニタブの服用方法

pillcatter

ロニタブは、1日1錠を、水かぬるま湯で服用します。
基本的に成人の発毛・育毛に際しては1日2.5mg~5mgとしています。
5mgと10mgがありますが、はじめは2.5mg~5mgでの服用をおすすめします。5mgで効果が薄いと感じたら、10mgに切り替えましょう。

ロニタブ1錠に対してのミノキシジル配合率が高くなれば、その分効果は出やすくなりますが、その分副作用が大きく出てしまう場合があるため、体調体質によって調節してください。
高齢者の場合、服用は2.5mgから始めるのが好ましいとされています。

ピルカッターなどで割錠して服用するとコストパフォーマンスも上がるため、おすすめです。

ロニタブの副作用・注意点

ロニタブの副作用として、浮腫や体重増加、動悸や多毛症などが報告されています。
多くの副作用は概ね軽微ですが、症状が続く際には医師や医療関係者の支持を仰ぎましょう。
また、18歳以下の使用も安全が確立されていないため、禁止されています。

ロニタブには血管拡張作用があるため、血圧を下げる副作用があります。
健康な人が服用すると低血圧になることがあります。
降圧剤を含めた他の医薬品を処方されている人も、服用に際しては医師の支持に従いましょう。

AGA治療を始める際にロニタブを始めとする、プロペシア・ミノキシジルの内服薬を利用する場合は、必ず専門医に相談してから用いるようにしてください。
また、脳梗塞などの脳の病気や心臓・血圧・網膜に問題のある方の使用は推薦されていません。

異常を感じた場合、必ず医師に相談しましょう。

ロニタブのまとめ

ロニタブは、ミノタブのジェネリック医薬品であるため、安価に購入することができるミノキシジル内服薬です。

日本国内では販売されていないため、個人輸入サイトでのみ購入することができます。

プロペシア(フィナステリド)錠でも効きにくい、生え際にも効果を発揮してくれます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ